禁断のエギングにてアオリイカ1杯GET(唐津)

2014釣行第22回目
[エギング]
平成26年6月16日(月)
【中潮】 干潮17:44 (0.23) → 満潮 00:08 (2.15) ※唐津
start/22:30 end/02:00

ギックリ腰から始まった腰痛も

ずいぶん楽になってきた頃に

いつも情報を交換してもらっている“燻しさん”より

写メの爆弾攻撃を食らいました(^^;)

こんな写メ送られたらムラムラするやん

燻しさん「4杯(キロオーバー2杯)!!」

wata「・・・」

こりゃ出撃じゃーーーーー

って事でいつものスタイル

平日ナイトエギング釣行です(もち次の日は仕事)

出撃先は伏せますけど先行者さんが片付けて帰って行った後にポイントに入る。

満潮前の1時間勝負って事で釣り座を構えて準備!

海の状態は潮位高くて、風もなく

ベイトがアホみたいに沢山確認出来て

『なんか好条件じゃね?』って思いながら

1人であっちこっち撃ち始めました~

一通り投げて、アレ?烏賊居ないの?かなと不安ながらも撃ち続けているうちに

で「アッ?!なんか良いかも!!」って思う時が来ましたね~

餌木をフルキャスト!

着底させた後に数回シャクってテンションフォール

サビいていると、いい感じでテンションがかかって

餌木の動きが良くわかる状態

かるーく餌木を上下に動かしてテンションを張ったり

フリーで落としたりしながら底から20cm程をネチネチと攻めると

なんかモワモワした感じがしてきた。

「あーなんかおるかも・・・」っと思いながら

ティップを下げて、アタリを取る準備して

『グイッ!!』

ってなって


『ウリャーーー!!』

ってやっったら

『ジーー』

ってなって

『スポッ・・・』

うぅ…(爆)(T▽T;)

早くアワセ過ぎたんだろうか・・・

これでアオリが居る事が確認できたわけなんだけど

さて・・・どうやったら釣れるのか

再度、餌木を交換しながら撃っていくけど厳しくなってきた。

満潮時刻が迫ってくるけど潮の流れがドンドン早くなり

波戸から沖へいい感じに流れ出す。

ここで、禁断の戦法に挑戦

スポンサーリンク

キロオーバーのアオリイカを釣るために

うまく成功すればアオリが乗る可能性は高い

遠投して底取り

それから先ほどと同じように

底をネチネチと攻めて

時にはロングステイ

そして・・・


『モゾモゾ・・・』

からの

餌木を抱いた事を確認して

『ジーーーーーーー!!』

EZ-Q CAST®RATTLE 3.5号 ケイムラレッドパープル(モニター中)

ギリギリでキャッチ出来きました(^^;)

なんせ禁断の戦法(笑)

普通の人はやらない事

キロあるかな~って思ってたけど自宅検量で940g

そのあとも満潮時刻まで粘るけどノーヒット

下げからは別のポイントに移動

先行者1名

こっちは湖みたいな感じで水面はベターってしてる

潮が動かずに水面にはベイトの群れ

時折、ジーバスが『バシャバシャ』っと騒ぐくらいで静か過ぎ

各ポイントへ一通り投げて納竿した。

久しぶりのエギング

必死なシャクリで1杯の釣果でした。