エギングで第1投目にアオリイカは釣れる事が多いのに・・・

平成23年6月9日(木)
小潮 満潮02:51(174)→干潮08:49(85)
start:04:00
早朝エギング 釣果0

南西の風が3m前後、波はない
今日はラン&ガンで4ヶ所程回る予定だが
予想以上に早く明るくなったんで2ヵ所目で納竿
(時間も無い・・・)

最初に入ったポイントは今回2回目

昼に来た事ないので、状況がいまいちつかめない

アタリも無いので早々と移動

次に来たポイントもちょっと向かい風が気になるが投げてみる事に

広い漁港だが、ポイントへキャスト

まずはフリーフォール

カウントもせずに「ボーーー」と風景や周りを見ていたら

クイックイッ・・・

私「ボーーー」から「エッ!!」へ

すぐさまテンションかけて確認するがいない!

再度、小さなダートを繰り返しカーブフォール
・・・
時すでに遅し
それからエギを交換しても乗る事はなかった。

油断していました(^^;)

本当は第1投目(ファーストキャスト)は

特に集中しなければならないのに

「ボーーー」としていました・・・

アオリがソコに居ると

第1投目に乗る事はかなり多いと思います。

(経験上)

それなのに・・・

それなのに・・・

しっかりと慎重に第1投目は集中するべきだった

気づけば明るくなり

移動する時間も無くなっていた。

防波堤の上で腰をおろし反省

06:00には自宅に戻り

妻からの問いにいつもの返事

「んにゃ・・・」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク