ソアレBBのティップの修理

スポンサーリンク

ソアレBB S700SULS

数釣りスペシャル

シリーズ中もっとも軟らかい設定の小~中型サイズの数釣りを重視したモデル。吸い込みの弱いバイトに対し、しっかり追従してフッキングさせるため、ティップにはしなやかかつ高強度のソリッド「タフテックα」を採用。1g以下の軽量ジグヘッドも得意。掛けてからはロッド全身がしなやかに曲がり、バラシを抑制しながらターゲットの引きを楽しむことができる。

引用:シマノHP

このロッドの非常に重要な部分であるティップ

シマノ社の『タフテックα』

タフテック穂先の張りを抑制した穂先。

穂先の径を落とさず、強度も保ちながら

しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先です。

通常のカーボンソリッドの張りを抑制!?

非常に柔らかいカーボンソリッドみたいです。

そんなソリッドティップが・・・

穂先から3センチ下の方から

ちょっと裂けてますね(^^;)

コレをちょっと修理してみたいと思います。

ソリッドティップの修理方法は?

この修理方法として考えたのは

その1

第1ガイド(ティップガイド)の先でティップを切断して、第1ガイドを取り外して、そこにトップガイドを取り付ける方法

を考えました。

その1は一番簡単な修理の方法ですね(^^;)

折れた箇所にトップガイドを取り付けるって方法

修理を行う側もこの方法が一番手っ取り早くて簡単

ただ、私自身あまり好みではないんです。

ティップってロッドの非常に重要な部分

穂先の数センチでも無くなると、そのロッドはジャンク品(^^;)

釣りに使えるロッドにはなるけど

とても元の折れていないロッドにはほど遠く

まったく別物のジャンクロッドになってしまいます。

私も、この方法で何度も修理をしましたが

繊細なティップが無くなったロッドはとても残念なロッドに・・・

その2

ソリッドティップ自体を入れ替える方法

この方法は下記も参照にしてください(^^;)

シマノのエントリーモデルとして登場したアジングロッドソアレ BB アジング[Soare BB Ajing]アジングの基本“フォール&誘い”を簡単に演出。 “しなやか”と“シャープ”を両立した専用モデル。アジングの基本となるフォールとロッド操

この修理方法はカーボンソリッド限定になってしまいますが

もしチューブラタイプのティップが折れた場合でも

ソリッドティップを接いで修理する事が出来ます。

参考

穂先が折れたロッドを修理(リペア)する。
手元に届いて、長い間そのままにしていたジャンクロッド そろそろ修理して使おうと思いましたので工房へ行ってきました。 約3センチ程...
国産ロッド(メイドインジャパン)で安心できるロッドメーカーヤマガブランクス ”YAMAGA Blanks(山鹿釣具)”株式会社 山鹿釣具 「YAMAGA Blanks」ヤマガブランクスは釣竿製造の株式会社 山鹿釣具のオリジナルブランドとして

この新たにソリッドティップを交換する方法は

修理と言うよりリペア

また新しく生まれ変わるイメージが強いです。

ソリッドティップの交換にしろ

チューブラティップからソリッドティップに交換も

仕上がり次第では元のロッド同様

もしくはそれ以上の感度や使用感向上になる可能性も(^^;)

カーボンロービングで修理する

ちょっと話がズレてしまいましたが

表題にあるソアレの修理

色々悩んだ結果

①裂けている部分が軽度である事

②繊細なティップを切断してトップガイドを取り付けるのはイヤ

という事で、今回は初めてカーボンロービングを使った修理をやってみました。

コレで裂けている部分を巻いて補強します。

巻いた後はエポキシ

で、完成したのはコチラ

キレイに仕上げて完成で

材料はカーボンロービングとエポキシ接着剤

あとはサンドペーパーのNoが高いヤツくらいです。