ロッドの簡単ウレタン塗装の方法について

ロッドの塗装はシゴキ塗装が一般的?

私も何度かゴムを使ってシゴキ塗装をやってきましたが

ちょっと面倒だし、難しい時もあります。

ロッドのテーパーが急だと、ゴムの穴サイズが合わずに

塗装にムラが出来る事が多く

やり直そうにも、シゴキ塗装は薄いのですぐに乾いてしまうため

やり直しがなかなか出来ない

しかも、ゴムを柔らかくするためにシンナーに漬けこんだりするんですけど

そんなシンナーなんて、臭くて使えない。

かなり面倒

そこで、なにか簡単に塗装を出来ないか?っと色々と調べてみると

スポンジを使って簡単に塗装をしているページを見つけましたの

ちょっと今回はスポンジを使って塗装をやってみたいと思います。

準備するのは

①2液性ウレタン塗装

②計量カップ

③注射器(正確にA液とB液を採取する為)

④スポンジ

今回、需要な役割を持つスポンジ!!!

ダイソーの100均にて仕入れてきました!

まずは計量カップに注射器を使ってA液1mgとB液1mgづつ

計量カップへ入れてよくかき混ぜます。

そして、混合液をスポンジに染み込ませて

ロッドを立てて、一気に下から上まで塗る

ロッドを回転させて、再度一気に下から上まで塗る

コレの繰り返しです。

綺麗に塗装するコツは、下地をどれだけキレイに仕上げるかで

表面のウレタン塗装の出来上がりに影響します。

そして、このスポンジでの塗装の出来栄えですが

かなり良い感じに仕上がってくれました。

細かい泡も立たないし、慣れてくれば塗装ムラも出来ません。

なんたって簡単だし、低コストでロッドの塗装が出来ます。

1度塗装して、研磨して2回目の塗装

再度、1500番くらいで研磨して仕上げの塗装

このウレタン塗装が終わればガイドの取り付けへと続きます。

スポンサーリンク