エメラルダスインフィートのオーバーホール(洗浄編)

DAIWAのエギング専用スピニングリール

エメラルダスインフィート2506

元になっているのはレブロスMXシリーズですが

エギング専用機としてエメラルダスカラーにて登場!!

メタリックなスプールとエメラルダスカラーがかっこいいです(^_-)-☆

ダイワ エメラルダスINF 2506

・巻取り長さ:70cm(ハンドル1回転あたり)
・ギア比:4.7:1
・自重:230g
・最大ドラグ力:3kg
・PE糸巻量(号-m):0.6-180/0.8-140/1-110
・ベアリング(ボール/ローラー):6/1
・EVA製ラウンドノブ
・エアベール
・ABS
・クロスラップ
・ツイストバスターII

コレをオーバーホールやっていきます!!

スプール

フェルトは乾燥してカッチカチ(^^;)

とりあえず洗浄してみますが、古いドラググリスがなかなか取れません。

新しくフェルトを購入してもいいけど、今回は部品交換無しのOH

擦ってグリスを取り除いて洗浄します!!

ラインローラー

ラインローラーは固着済み(^^;)

手でローラーを回しても回りません。

ネジを回しても、なかなか動きませんが

壊れない程度で力を込めてネジを回すと・・・

ボロボロと塩?が出てきます・・・

ラインローラーや中のプラスチックなど

壊さずにバラバラにできましたが、コレがまた元にもどして回るか?

回らないだろな( ;∀;)

とりあえず洗浄を行います!!

ローターもバラバラにして個別に部品も洗浄

このあたりも古いグリスを取り除きます!!

ローターを外して

ギア内部の洗浄

この個体は、一度内部を開けた形跡がありましたので

一度、オーバーホールをやったのでは?と思いましたが

内部は真っ黒です(;´・ω・)

それと、このボールベアリング(一番手前)

このボールベアリングをチェックすると、ザワザワ?感あり

交換したほうが良さそうです。

ベアリング内部の洗浄で済むならいいけど

済まないなら、交換?

中古のベアリングが在庫であると思いますので、ちょっと探してみます!

この機種はノーマグシールド(笑)

非常に軽いハンドルの回転と、しっかりとしたドラグが蘇れば

まだまだエギングで使用できますので

次回、しっかりとメンテナンスしながら組んでいきたいと思います。

エメラルダスインフィートのオーバーホール(組立編)
前回はコチラ 全ての洗浄まで終わりましたので 今回は組み立て編です。 具合が悪かったボールベアリングも シー...
スポンサーリンク