【工房ネタ】オリジナルのミニギャフ(ハンドギャフ)が完成!!(その2)

前回の続きです。

【工房ネタ】ハンドギャフ(ミニギャフ)を作ってみる(その1)
アジングロッドの穂先に使用したカーボンの材料の余りがあったんで オリジナルのハンドギャフを作ってみようと思い ちょっと挑戦してみ...

エギングでアオリイカが釣れて

締めたあとにクーラーボックスへアオリを入れる時

餌木でやったり市販の烏賊フック使ったりしてたんですけど

餌木でやると手が汚れたりラインが邪魔になったり

市販の小さいギャフ(烏賊フック)は道具箱やバックに入れていると

カンナがむき出しになっているんで邪魔

クーラーボックスに入れといてもいいけど

一緒に入れている“袋に入れた氷”や“釣れたイカを入れている袋”が

カンナで破れてしまう。

そんな事を考えてると道具はあるし作ってみようかな・・・

と(^^;)

そうすれば、自分の希望の長さのハンドギャフが作れるしキャップも付けれる。

そして完成したのがコレです。

ニスを2度塗りしてピカピカに。

カンナ部分はエポシキコートにて接着

スポッ!?っと抜ける事はないと思うが・・・

今回2本の試作品が出来ました。

カンナ部分には市販のキャップが取り付け可能。

15cmサイズは小さい道具箱にも収納できます。

まだ試作品の段階ですが18cmサイズは忘年会の景品のオマケとして

すでに手元から離れて行きました(笑)

残っている15cmサイズはこれから使ってみて不安に思う事

・強度
・耐久性

などについて検証していきたいと思ってます。

実際にどの程度までのアオリを抱えれるのか・・・(笑)

カーボン製なので軽くて気持ちいいけど

簡単にポキッと折れそうな感じもする(^_^;)

試行錯誤しながら試作品から商品へ

wataの新しいプロジェクト『SevenMountains』となるのか?

スポンサーリンク