唐津で食べる大阪名物のイカ焼き

イカ焼きって言えば、唐津では”烏賊の丸焼き”や”一夜干しを焼く”って

イメージがあるんですが、今回食べるのは”イカ焼き”はお好み焼きっぽいヤツです。

烏賊の切り身をお好み焼きの生地で焼いて食べるシンプルなヤツらしいんですけど

大阪では超メジャーな食べ物らしくて、色んなバリエーションも多く

タコ焼きやお好み焼きに並ぶ、大阪の名物らしいです!

私はあまり馴染みのない食べ物だったんですが

最近インスタで見かけた”イカ焼き”に興味津々(^_-)-☆

食べたいな~っと思っていたところ・・・

なんと唐津にイカ焼きのお店が昨年12月にオープンしてるじゃん!!

って事で、ちょいと行ってきました(^^)/

スポンサーリンク

唐津のイカ焼き”麻呂358”

Q.まずはイカ焼きってなんだろ?って事でネット調査

大阪のイカ焼き

大阪のイカ焼きは小麦粉を主体とするいわゆる「粉もの料理」である。小麦粉の生地にイカの切り身を入れて焼き、甘辛いソースをハケ等で塗る。鉄板で押しつけて焼くため、小麦粉に含まれるグルテンの作用によってコシの強い、もちもちした食感がある。

阪神百貨店梅田本店地下1階の阪神食品館スナックパーク内のものは行列ができるほどの有名店で、1日に1万枚以上の売り上げがある。

引用:wikipedia

大阪名物いか焼きとは?

大阪の食文化を語るときに欠かせないのが「粉もの文化」ですが、昭和二十五
年、大阪・桃谷の地でイカ好きの初代が試行錯誤の末考案したのが、その名も
「いか焼き」です。
もちもちっとした手打ち生地とプリプリのイカを混ぜ込み、ご注文いただいて
から手早く両面を一気に焼き上げるスタイルが創業以来皆様に愛され続け、
おかげさまで「いか焼き」は今では一般名詞になっております。

お好み焼きでも、たこ焼きでもない。
シンプルなのに他にない独特の味と食感が楽しめます。
素材本来の持ち味を大事にした元祖のこだわりをぜひご賞味ください。

引用:桃谷いかやき屋

なるほど、粉物大好きな私が今まで食べた事がないイカ焼き

お好み焼きのキャベツ無し!?

具はイカだけ!!?

って感じなのかな

てな感じでイカ焼きとはどんなものなのか?って

唐津市にオープンしたイカ焼き屋さんへ行ってきました。

いか焼き 麻呂358(唐津市東町)

お店の横に駐車スペース2台あり!

駐車場に車を止めて店内に入るとカウンターの中から店主登場!

とりあえずイカ焼き4個注文します。

店主に許可取って写真撮らせて頂きました。

『どうぞ、どうぞ!』

『SNSで広めてね!』

って事でしたので、私のブログでご紹介(^^)/

色んなお話を店主としていると

一番人気のチーズイカ焼きを進められたんで

1枚はチーズトッピングを依頼

ちょっと・・・美味そうじゃない(笑)

チーズ入りは180円


安い!!?

普通のイカ焼きは150円


安い!!ですよね~(笑)

小1の娘なんかは、ペロっと1枚すぐに食べちゃいました。

ちょっと小腹が空いたときなんかはちょうどいいサイズだし

子供達にはいいおやつになりそうです(^_-)-☆

場所はちょっと中心地より離れてますけど

私が毎日ウロウロしている地区にあるので

子供達って言うか、私が通いそうなお店でした。

いか焼き 麻呂358

〒847-0063
唐津市東町56-1
電話番号 0955-58-8211
営業時間 午前10時から午後7時
定休日は水曜日