エメラルダスMXのガイド交換

ロッド(ビルディング)
記事内に広告が含まれています。

今回の作業はダイワのエギングロッド エメラルダスMX 711MLM-S の一番手前の大きなガイド(バッドガイド)の交換です。

エメラルダスMX711MLM-S

このエメラルダスMX711MLM-Sはブランクスも細くて非常にスマートなロッドとなってます。3.5号餌木もフルキャストもOK、バットのパワーも強くてロッド自体も軽い!

ダイワ(DAIWA) 21 エメラルダス MX 711MLM-S・N
ダイワ(DAIWA)
¥20,997(2024/04/25 19:20時点)
標準全長(m):2.41 / 継数(本):2 / 仕舞(cm):125

そしてカーボンソリッドティップなんで感度もチューブラティップよりも良いと感じてます!

レングスもちょうど良く、漁港などでのランガンスタイルにはもってこいのロッドですね~

この価格でこのカッコいい仕様なら人気のロッドって事に納得です。

ガイドの交換作業

交換するのは一番手前のKLガイド。このシングルフットのKLガイドからダブルフットのRVガイドとなるので非常にカッコいいカスタムロッドになりそうです。

フレーム部はステンレスからチタンになり、多少なり強く?軽く?んるんでしょうか?(^^;)

リングはSicでトルザイトではありません。

まずはガイドの取り外し作業、この作業自体はすぐに完了しますが、ピカピカのロッドに刃を入れるのは毎回ドキドキしますね(^^;)

綺麗にガイドを取り外した後はスレッド巻きです。

今回はダイワのエメラルダスグリーン色に揃えるために、グリーン色が強いスレッドを注文しました。

以前まで使用していたのは写真の左側のスレッドでブルー色が強かった。今回はグリーン色が強いスレッドを使用したら違和感が無くなりたかな~

上の写真、左はブルー系・右側はグリーン系

ただ今回は1本のピンラインが3ヵ所に入っているのでちょっと苦戦。目も悪くなり、手先が見えずらくなって以前より余計に苦戦してます。

何度かやり直しながらやっと綺麗に巻けるようになりました。

あとはコーティング作業ですが、天気が良い気温が高い日と雨が降らずに乾燥している日を選びながら仕上げていきたいと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました