15ツインパワーSW8000のハンドルが回らない

リール(カスタム)

『ツインパワーのハンドルが全く回らない』って事で、今回預かったのは15ツインパワーSW 8000hgです。

このハンドルが回らないリールをリユースショップトレードで初めて触った時に思った原因は

① ギアの破損

② 内部のパーツが壊れてギアの間に挟まっている

のかな?と思ってましたが、工房に持ち帰ってバラしてみると特に破損しているパーツも無く、ギアにもまったく傷はありませんでした。

内部は綺麗な状態

全部バラして、パーツを組み上げながら一つ一つ確認しながらハンドルが回らない原因を探す作業中、不可解な事が!?

何故かボディがキレイに収まらない^^;

原因はこのあたりにありそう…

内部のパーツは正常に取り付けてますが、何故かボディが『カチッ!』とハマらない(笑)

なぜ・・・?

この状態でハンドルを回すと、ドライブギアとメインシャフトが干渉してハンドルが回らなくなります。

その証拠にメインシャフトの先に傷の跡が!!?

どうもドライブギアとメインシャフトが当たってハンドルが動かない、ギアが回らない事が原因みたいです。

このドライブギアとメインシャフトが干渉する考えられる原因はふたつ

① ドライブギアの変形
➁ メインシャフトが曲がっている

この原因はこのふたつかな?

ただ、強固な部品であるドライブギアが変形するか????と疑問も(笑)見た目も傷も無く普通。変形しているようにも見えないし・・・。

それかメインシャフトが曲がっている????

いや、曲がっているようにも見えません(笑)

とても不思議な感じがします。

しかし、この2点のパーツがオカシイからボディも閉まらないわけなんで、とりあえずリユースショップトレードの店長に連絡してパーツ交換を了承してもらい、この2点のパーツを注文しました。

No.79のドライブギア組(3,960円)
No.98のメインシャフト組(2,255円)

ちょっと痛い出費にはなりますが、新品と比べてみてどこがどう悪いのか?私も興味津々です。

次回、新品のパーツが揃いますので、この15ツインパワーSWのハンドルが回らない原因を究明してみたいと思いまーす。


WordPressでブログを始める方法
simpleにブログを始めよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました