釣りの引き出しは「なんぼあってもいいですからね!」

フィッシングツール

アジングやエギングやってて釣れなかったら『ソコにアジやアオリイカは居なかった・・・』で済みますが、管釣り場で他のアングラーがニジマスを次々に釣ってるのに、私にはまったく釣れない状況では『ソコにお魚は居なかった!!』とは言えません(^^;)

釣りに対しての「引き出し」とは

「引き出し」とは、過去の経験を次の釣りに繋がる事象として記憶しておくことで、これが多ければ多いほど環境の変化に追従、イコール釣果に繋がって行くということなのです。

林良一ブログ RYO’S METHOD

そんな時はやっぱり自分の引き出しの少なさを感じます。

自分の腕だったりルアーなどのツールだったり、ましてや釣りに対する知識や考え方などの色んな引き出しがあって、その引き出しの数と言うスキルが釣果の数に直結しているのが管釣りだと感じてます。

まだまだ管釣りヒヨッコですけどね

そして”腕より道具”って事で、ニジマス釣り用に新たなルアーを購入しました。

セニョールトルネード(ザクトクラフト)
セニョールトルネードは管理釣り場のニジマスを誰でも簡単に釣るための必須アイテムです。
スイベルを中心にくるくる回転し、その波動で魚を集め色で食わすため非常にスレにくく、お子様や初心者の方でも釣果が望めます。
魚が釣れるとワイヤーが伸びるため指や器具を使って魚が刺激される形に戻してから釣りを再開してください。

なんか、このセニョールトルネードは”あまりにも釣れ過ぎるので使用禁止”となっている管理釣り場もあるらしいくらい釣れるルアーらしく、実際に私も他のアングラーさんがこのクルクル巻きしたルアーでニジマスを釣っているところを何度も目撃しているので釣れるのは間違いなさそうです。

ミミズ?

ハリガネムシ?

線虫?

いったいニジマスたちはこのセニョールを何と勘違いして口に入れてるのか?

使用してみるとクルクルと回りながら水中を動きますので、なんとなくこのクルクルに刺激されて食ってくるのでしょうか???

それと他にもスプーンを追加しました!

前回、イエローブラックがノットから切れてロストしてしまったので補充です。

管釣りで初めてニジマスを釣ったのは、このNOAJr(ノアジュニア)でしたし、このシリーズがたくさん手元にあるので追加で購入です。

次回、管理釣り場で使用してきます!!


WordPressでブログを始める方法
simpleにブログを始めよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました