管釣りで釣れないアングラーの成長と記録

川・湖での釣り

今回はフライタックルは持っていかず、スピニングとベイトの2つのタックルでフィッシングパーク平之に行ってきました。

渓流ベイトフィネス用に買ったロッドとリールは、まだベイトリールのキャストに慣れずに本番の渓流で使うことが出来ずにいます(^^;)

小渓流でバックフラッシュを何度も起こしてたら、釣りにはならないしストレス溜まって嫌になるはず。ある程度この管釣り場で練習して、ベイトキャストに慣れてきたら渓流でのベイトフィネスデビュー予定かな~

今年デビュー出来るかな???

前回同様に今回もスピニングタックル+スプーンでまずは1尾釣って、あとはベイトキャスティングの練習って事でスタートします。

釣り場には私の他にも数人

皆さんは毎回って訳ではないけどルアー交換しながらキャッチしてますが、私はまったくキャッチできません。

朝早い時間帯はフライやスプーンなど反応も多く、数も多く釣れていたけど『今は太陽が昇りすぎてニジマスが底に沈んでいるね~』って隣の方からアドバイス。

昼間の時間帯は難しいのか・・・?

スプーンのカラーや重さを色々と交換しまくって丁寧に狙いますが、まったくノーバイトのまま時間だけが進んでいき、スプーンで最初の1尾を釣るのを諦めました。

私だけ釣れない・・・・

キャスティングの練習

まったくスピニングタックルでも釣ることが出来ないので、ベイトタックルにリッジ35の各タイプをセットしてベイトキャスティングの練習です。

リッジ35F(シングルフック交換)の重量は2g前後、ロッドの反発力を利用してキャストする事で、正確さと遠くへ飛ばすことが出来るし、低い弾道で飛ばせるって事がだんだんわかってきましたので、とにかくキャストして回収してすぐにキャスト!

そして狙った箇所へ正確に撃てる練習を繰り返します。

いままで練習した成果ではないけど、今回はバックフラッシュが少なくなり飛距離も出せるようになってきたかな~と感じた頃に、リッジ35のフローティングを”ぷかぷか”浮かせている時にバイト発生!!?

『えっ!!?』と私もびっくりしてアタフタしながらベイトで初キャッチか!?と楽しみにやり取りしていたらフックアウト・・・・。

”ぷかぷか”浮かせているリッジ35に反応あるってのがビックリです。

それからは”ぷかぷか”浮かせているリッジ35で釣れるのでは???と勘違いした私は、何度も何度もリッジ35Fをキャストしては浮かせて待ち、キャストしては待ちと繰り返し

”ぷかぷか”浮かせているリッジ35に時々チェイスするニジマスもいれば、”ちょん”と軽くアタッテきたりするニジマスもいましたが、フックが掛かることはなく釣れない状態がさらに続きました。

スプーンでまったくダメ、リッジや他のプラグでも駄目

『今日は1尾も釣れなくて終わりやね・・・』と思いながらベイトタックルを片付けて、最後にスピニングタックルでスプーンを投げて水面を滑らすように回収していると、そのスプーンに好反応するニジマスが!!?

 

『!!?』

 

水面に波紋を出しながら早巻きに反応するニジマス!!

色んなパターンでアクションをつけて動かすと

釣れた。

やっと釣れました。

何かしらの動きでスレていたニジマスにスイッチが入りバイトを誘う事が出来るって事がわかり

2尾目

1尾目を釣ってから数分で2尾目

それからすぐスプーンで誘い3尾目も掛かりましたが、ノット部からラインが切れてキャッチできず。

再度ラインを組もうと思いましたが、時間がオーバーしそうなんでここで終了としました。

まったく釣ることが出来なかったのに最後の数分で2尾キャッチ。

スプーンの使い方でニジマスにスイッチを入れれる事が理解でき動きの研究!

超高速でスプーンを回収する時にも、遠くから勢いよくチェイスしてくるニジマスも確認でき、最後の最後で自分の知識の少なさと、引き出しの無さに気付かせていただいた釣行になりました。

釣れない時は『もう管釣りもいいかな~』と思っていたのが、次回の管釣りが楽しみに(笑)

ベイトフィネスのキャスティングも少しは慣れてきて、さらに管釣りでの数釣りに少しだけ希望が持てた今回の釣行は、次回の釣行に大きくプラスになりそうです!


WordPressでブログを始める方法
simpleにブログを始めよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました