呼子にエソ釣りに行ってきました。

ライトSWゲーム
スポンサーリンク

エソ釣りって難しいですね~

気を抜くと一瞬でワームがボロボロにされるし、何処に投げても大小のエソが寄ってきます。

1投して1個のワームがボロボロに・・・

3投連続で3個のワームがボロボロになったときには心折れました。

スポンサーリンク

修理したロッドの試投

本当はエソ釣りではなく、お友達と根魚釣りでしたが根魚はまったく釣れず・・・( ̄▽ ̄;)アハハ

二人ともエソ祭りで終わりました。

ただ、今回は前回破損していたカーボンソリッドティップを修理した後の試し投げも兼ねてでした。

ソリッドティップの破損(裂け)を修理する
地磯に立って2投目 風が強い日で、穂先に絡んでいたPEラインに気付かずにシャクって変な音発生!!? 『・・・!?』 なんか嫌な感じがして、すぐさまライン回収しティップを見ると半分折れていました。 開始2投目っ...

”キャスト”も”操作”も”アタリ”も全く問題なく仕上がっていたので安心しました!

この カーボンロービング をクロスに巻いてロッドを補強する仕組みって、上手く利用する事ができたらDAIWAのSMT同様のチタンティップが出来ますね~

私は過去に一度、このカーボンロービング をチタンに巻いてアジング用のチタンティップを自作してましたが、なんかチタンティップってイマイチに感じて中断して辞めてます(^_^;)

【続き】チタンティップの加工(カーボン巻き編)
前回の記事はコチラ DAIWAのスーパーメタルトップを真似てみる 差し込み口を加工を終えたDAIWAのスーパーメタル(チタンティップ)トップを、今回はカーボンロービングで巻いてテーパー調整を行う狙いです。 以前はチタンティ...

チタンティップって何が良いのか・・・そんな気持ちになったんです。

特にSMTTは最低のティップかな・・・(爆)

さて、この修理が終わったヤマガのカリスタは、次回より根魚及びシーバス等で再度活躍してくれることでしょう(笑)

それともう1本の試し投げもしてきました。

コレはストイスト80ですが、このロッドも曲ったSMTから工房で削り出したカーボンソリッドティップに交換したロッドです。

大阪から依頼を請けまして曲ったSMTをソリッドティップに交換してます。

近いうちに作業記事は書きたいと思いますが、このストイスト80LMはとても良いロッドに変貌してくれました~

私も欲しいです(笑)


コメント

タイトルとURLをコピーしました