新たらしくロッドを購入(トラウティンマーキス NANO TMNC-4102ul-kr)

ロッド(ビルディング)

今年は渓流用に5.0フィートのフライロッドを購入してますが、更に狙ったポイントへの正確なキャスティングをする為にベイトロッドも購入しました。

源流用に購入した5.0フィートの短いフライロッドの記事はコチラ

ただ、このフライロッドは1度だけ使用してみましたが・・・やっぱり狭い渓流ではラインが枝に引っかかり、なかなか思うような釣りが出来なかったんで倉庫の奥へ(^^;)
次の出番が、あ・る・の・か・?
只今2軍で調整中です(笑)

渓流ベイトフィネス

【アキュラシーキャストの重要性が非常に高い】と解った渓流ルアー

今までキャストに関して色々と深く考えもしなかったけど、去年くらいから正確なキャストって非常に重要!!

正確なキャストじゃないと山女魚を釣ることが難しいな!!

って事を覚えました(^^;)

スピニングタックルでのキャスト方法を一から覚えている状態で、YouTubeやインスタの動画見て勉強中で、改めて自分のレベルを知るいい機会になりました。

キャストしてルアーを狙ったポイントに落とすためにライン放出をスプール抑えて、それからベール戻してルアーが着水したのと同時に巻きを始める!!

バタバタしてしまうんでラインがハンドルに絡まる事も多いんですよね~

スピニングタックルだと結構忙しいし、まだまだしっかりとロッドを振ってキャストする事が初心者レベルなんです。

海ではある程度狙ったポイントへ落とせば周辺にいるお魚は釣れるけど、渓流だとほんのちょっとズレるとお魚は出てこない。

広い海で狙ったポイントから10cm20cmズレていたとしても特に影響は無いと思う。

アジングの場合、アジの群れの大小はあるだろうけど、最初のキャストでキャストミスしても次のキャストで釣れる可能性もあるし、次の次のキャストでも同じコースに投げれば釣れる可能性は高い。

ただ海だとレンジは重要かな?表層、中層、底での食い方も違うしね。

これが渓流だと同じポイントでキャッチできるチャンスは限りなく少なくなりますよね?

そこにヤマメが居れば1投目に釣れる確率は非常に高く、1回目ミスっても2回目3回目でギリギリ釣れるかもしれないけど4回目となるとチェイスも無くなる。

数回同じポイントにルアーをトレースすれば、警戒心が強いヤマメは隠れてしまいます。

そのアングラー対1尾の1対1の短い駆け引きがあるのが面白くてハマる原因かな~

と、渓流ルアー初心者が熱く語ってみました(^^;)

 

山女魚ルアーでの正確なキャストは釣果に大きく影響をするため、スピニングでのキャストアキュラシーは引き続き練習していくとして、色々と勉強しているうちにベイトタックルにも興味出てきました。

渓流ベイトフィネス用のロッド

渓流用のベイトロッドを探しててヤフオクで見つけたのがアブガルシア(Abu Garcia) のTroutin Marquis Nano (トラウティン マーキス ナノ)シリーズの4’10″フィートのウルトラライトモデルです。

TroutinMarquis Nano TMNC-4102UL-KR

【渓流ベイトフィネス:ショートレンジ】
手返しの良いキャストを目指す渓流ベイトフィネスアングラーにベストマッチ。
ベイトロッドならではの精度の高いキャストで、ピンポイントを手返し良く軽快に攻略が可能です。また軽量ルアーから、ヘビーシンキングミノーまで幅広いルアーにも対応し、指先感覚でルアーを繊細にアクションさせることが出来るロッドです。

AbuGarcia

ヤフオクで送料無料で11,000円!!

送料無料って事で入札してたら落札してました(^_^;)

初めてのベイトロッドとしては、ちょうどいいんじゃないかな?と思ってます(笑)

渓流ベイトフィネス用のリール

ベイトロッドを購入したら次はベイトリール!!

シマノとダイワからいくつかリストアップして悩みに悩んで現在注文してます( ̄▽ ̄;)フフフ

届いたら紹介しますね~


WordPressでブログを始める方法
simpleにブログを始めよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました