12ルビアスのコロコロ感

リール(カスタム)
スポンサーリンク

ハンドルをまわすと下死点で『コクンコクン…』と変なコロコロ感が発生している12ルビアス

この『コクン』の原因を探してみました。

スポンサーリンク

スプールとローターが干渉(アタっている)

なぜ下死点で『コクンコクン…』となるのか?

原因を探すためにオーバーホールを始めます。

まずはスプールを外すして~

で、ハンドルを回してみると『コクンコクン…』しません(^_^;)

・・・

開始早々『コクンコクン…』の原因がココだと判明しました(笑)

スプールが一番下に来るときに、ローターに当って『コクンコクン』となってます。

なぜ?(ΦωΦ)ナンデダロ?

去年まで使用している時はこの現象は起きてなかったのに、今年久しぶりに使い始めると『コクンコクン』と発生

なぜ突然スプールがローターにぶつかり出したか???

因みにこの12ルビアスはIOSファクトリーのDシステム
を装着したリールです。

このDシステムに交換した時から『コクンコクン』となっていたなら『あれ?おかしいぞ!』とすぐに気づくのですが、取り付けて数年後に『コクンコクン』となったケースなんで不思議と思ってます。

ネットでそんな現象を探してもありません( ̄▽ ̄;)

後日、IOSファクトリーさんに聞いてみたいと思います。

スポンサーリンク

スプールがローターに当らないようにする

このDシステムには1mmのワッシャーがボールベアリングの下にありますが、このワッシャーを交換しました。

Dシステムのワッシャーは通常、スプールへのライン巻き取りの偏りを調整する為のワッシャーです。

自宅にあるワッシャーを使いながら1mmから1.5mmに変更しても『コクンコクン』とスプールがローターにあたる・・・

結果1mmから1.85mmまでワッシャーの厚みを変更して対応完了(^_^;)

この1.85mmでOKでした。

スプールへのライン巻取りの状態も特に問題ありませんので、あとはこの12ルビアスを軽くメンテナンスまで終えれば作業終了です(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました