(祝)2キロオーバーのアオリイカを釣りました。

2013釣行第30回目
[エギング]

平成25年5月31日(金)
【小潮】 満潮 02:29 (1.72) → 干潮 08:01 (0.88) ※唐津
start/3:30 end/5:00

注意:ちょっとカッコよく文書を書いてますので気分を害す可能性があります(^^;)

『潮が大きく動く時に魚は潮に乗って回遊している。』

今でもそう思っているが

前回、今年初のアオリを釣ったのは小潮

そして今日も小潮

これは偶然なのか?

それとも必然?

前日の深夜から呼子周辺でアジを探そうと思ったが

出撃するタイミングを失いそのまま就寝

そして、今朝3時に起きて仕事前のエギングへ出かけた。

ホームには3時30分に着いたが

さすがに平日の夜明け前で誰もいない。

潮は緩やかに右から左に流れており

風もなく貸切の波戸を手前から

1投して何もなければ5m横に移動しながら探っていく。

全体的に藻場となっているので

15もカウントすれば『モ』がカンナに掛かる

藻場の位置は昼間に確認済みなんで

藻がある場所では藻の上を軽くジャークしながら餌木を通し

藻が無い場所は底に落として長めに間隔をとる。

そんな事をしながら波戸全体を探ったが

なにも反応はない。

時間は4時過ぎ

東の空が少し明るくなってきた。

ここで餌木を交換

一番好きな餌木カラーのシャロータイプ

沈下速度は約5.5~6.0秒/mと遅め

藻場に落として10秒カウント

軽くシャクってテンションフォール

そして時々ゆっくりジャークしながら探っていくと

ビシッ!!!!

とラインが張る!!

しっかり2本の触手で抱いて上がってきたのは


aori 480g
yamashita egi oh q live s 3.5
color:N02 NAJK

私にはちょうどいいサイズのアオリイカだ。

このアオリをすぐに締めてクーラーBOXへ

思ったことは

①ずーと居たの?それともさっき来たの?

②この餌木カラーが好きだった?

それから再開の第1投目

さっきと同じコースで餌木を通していく

今度は軽くしゃくった後のテンションフォール中

明確なアタリで2杯目

春アオリ団体様が来たのか?

すぐに合わせて上がってきたのは

さっきよりも一回り小さいアオリ


aori 260g
yamashita egi oh q live s 3.5
color:N02 NAJK

その後

再度、同じコースやその周辺を探るが何も出ないので

波戸一帯をシャロー餌木で探っていく。

だんだん空が明るくなって

朝マズメのスペシャルタイムがやってきたが

2杯目のアオリ以降はアタリも無く

帰る時間も迫ってきた。

再度、2杯のアオリが乗ったポイントに戻り

次は藻の上に餌木を放置するような感じで攻めてみた。

ゆっくり

ゆっくり

餌木を動かし

長めにステイ・・・

そして

根ガカリ!!!?と思った瞬間

「ジーーーーーー!!!」

きつめのドラグ設定だけど止まらない!!!

何度かラインを出されながらも足元へ

ギャフを撃つけど失敗し

ジェット噴射!!?

テトラ際で深く潜られる

テトラにライン切られそうだし

ギャフ撃ち失敗した反動で

カンナに掛かってるのは短い脚2本!!!

それでもなんとか格闘しながら上がったのは


aori 2100g
yamashita egi oh q live s 3.5
color:N02 NAJK

2キロオーバー

∑( ̄Д ̄;)じぇじぇじぇ!!!

ちょっと気持ち悪いサイズだ

1キロなら余裕で入るクーラーBOXもこんな感じ

6月最後のエギングでまさかの3杯

自宅検量はエラー

最大計量2000g

なのでデジタル体重計で検量して2100g

もちろん自己新記録。

<ドラグ設定>

私の設定は強くしゃくった時に「ジッ!!」と出るくらい
そんな設定でラインがずーと出ていくから大慌て
身切れしないように途中でドラグ緩め
なんとかライディングできた。


∑( ̄Д ̄;)じぇじぇじぇ!!!

スポンサーリンク