アジングロッドの自作について考える

いやー病気になりそうです。

ん?なんの病気かって?

“ロッドビルディング”に興味出てきちゃって(笑)

今、ネトサで全国のビルダーさんの記事読んでます。

まずはブランクについて・・・

実物を触れないのでなんとも言えないけど


高弾性?


超軽量?


高感度?


カーボン“〇トン”仕様

など種類が多すぎて頭がパンクしそうです(笑)

他にも2液性のエポシキコートはわかるけど

2液性のエポシキ接着剤や2液性ウレタン塗料・・・

他にも“ブランクのスパン”に“グリップ”や“リールシート”

“バランサー”に“パイプシート”

まだまだ他にもたくさんあるけど

やはり一番需要なのは“ブランク”ですよね?!

フォールで釣るのか?

リトリーブで釣るのか?

でも異なるし

ティップの種類も

“チューブラー”に“ソリッド”

そして

形状記憶合金線材 (超弾性直線記憶処理品)

なんて商品までも(^_^;)

長さを何フィート?・・・

もちろん目的をきちんと決めて工程に進まなければ

ならないのだけど

まだ目的すらアイマイミーマイン(爆)

ただ、自分だけのロッドが作りたい

そしてそのロッドで釣りがしたい。

それだけかも。

5千円のロッドでアジが釣れないのか?って言ったら

全然釣れるし

アタリが感じられない?

そんな事でもない。

5万円のロッドと5千円のロッドは性能は

雲梯の差かもしれないが

それは個人の自己満足の世界だと思う。

5千円のロッドでも加部島の常夜灯の下にいけば

20cm台後半のアジも釣れるし

数も沢山釣れるだろう。

ただ場所取りの努力は必要だけど(笑)

ロッドビルディングに

実際に手を出してしまう事に怖さが

材料や工具を揃えるお金で

十分メーカーの中堅機種のロッドが買える・・・


フゥー( ̄◇ ̄;)

もう何を言っているかわからんようになったんで

帰ります(爆)

最後までお付き合いありがとうございます。

スポンサーリンク