エギングロッドの折れを修理する

ロッド(ビルディング)

エギングロッドの修理

『短尺プラスSMTチューブラーが生む、感動的なまでの手感度の世界』

そんな素晴らしいキャッチコピーのストイスト76M-SMTTが折れてしまったって事で、今回はこのエギングロッドの修理の記事です。

私も数シーズンをこのストイスト76MSMTTを使用してましたが、現在はストイスト80MのSMTを使用中です。

折れた箇所は#1の中央よりちょっと穂先側です。

折れた箇所が穂先トップにもっと近くだったら、重くて曲がらない金属製のティップをカーボンソリッドに交換したかったんですが、今回は折れた箇所の径も3.8mmと太い。

色々と検討した結果、折れた箇所にインロー芯を差し込んで接ぐ方法を始めました。

インロー芯を使って接ぐ方法

まずは折れた箇所を綺麗にカットして、インロー芯の作成です。カーボンソリッドを削ってインロー芯を作成し接着。

あとは口割れ防止の為のカーボン補強と飾りです。

インロー芯の補強で一番ネックになる口割れ防止

特にエギングって非常に大きくシャクるので、ロッドにかかる負荷って他の釣りよりも非常に大きいと思います。

その為、ジョイント部などの接ぐ箇所って折れやすいので、なるべく接ぐ箇所は少ない方が良いし、シャクった時の力の分散は均等になってないと、変な箇所に力が集中すると簡単に折れるんじゃないかな?と感じてます。

今回もインロー芯の差込み長さを大きくとって、補強を考えてました。

ソリッドティップを接ぐ方法

アジングなど軽量のルアーを投げたり、ちょっとしたサビキ用のロッドならインロー芯で修理する方法でも問題ない!と思いますが、エギングロッドは強くシャクります。

そのシャクりに耐えれるのか?

私もちょっとインロー芯を接ぐ方法に不安・・・。

そんな時に、依頼者様から『ソリッドティップを接ぐ方法で!』っと連絡があって、インロー芯ではなく、ソリッドティップでの修理に方向転換しました!

結果的にこの判断が正しかったと後から思いました(^^;)

まずはソリッドティップを接ぐ箇所で切断。(なかなかストイストを切断するには勇気がいりました。)

今回、作成するロングソリッドティップ
・元径は3.8mm
・穂先は1.0mm
・L=55.0cm

なかなかのロングソリッドティップです。

サバロさんに、材料となるカーボンソリッドティップを注文して、差込口と穂先を1.0mm以下にする為に加工

下のカーボンソリッドが作成したティップです。

差し込んでみるとこんな感じ

あとはガイドの取り付けですが、今回は依頼を受けた大事なロッドなので、いつもはやらない塗装をやってみました。

ただ、久しぶりにしごき塗装をやってみましたが見事に失敗(^^;)

この風船のゴムでやってみたのが不味かったのかな(^^;)ムラが出来てしまいました。

塗装を剥がすことが出来ませんので研磨して綺麗にして、次の工程のガイドの取り付け作業へ進みエポキシコーティングまで一気に進めて完了。

スレッド巻きもここ最近は目が乏しくて、綺麗にスレッドが巻けてない箇所がもありました(^^;)

ストイスト76M SMTTのティップよりも完成後のカーボンソリッドティップは約1g程軽くなりました。

ティップが1g程軽くなると、ダルさもなくなったのかな???とも感じてます。

SMTT(スーパーメタルトップチューブラー)の評判

DAIWAのSMT(スーパーメタルトップ)の感度は、非常に高感度なチタンティップだと思いますが、SMTT(スーパーメタルトップチューブラー)に関して、一度も感度が良いと感じてません。

そんなSMTTをディスった記事はコチラ

エメラルダス ストイストシリーズで、RT(レーシングチューン)にはSMTもSMTTも発売されてませんし、今年2023年4月に発売されるST「ストリームチューン」にはSMTはあるけど、SMTTはリストにありませんでした。

今後ストイストST「ストリームチューン」に登場するのか????

ちょっと楽しみに待ちたいと思います。

エギングロッドの修理記事

エギングロッドの穂先折れ修理依頼きたよー
『ジャンクロッドを修理して欲しい』 エギングロッドのティップ折れの修理編 届いたロッドはメジャークラフト社のファーストキャスト このエギングロッド穂先(ティップ)が、トップガイド下のガイドのちょい上あたりで折れてました(^...
穂先が折れたエギングロッドの修理をやってみました。
ずーと預かっていた古いエギングロッド ティップ数センチが折れているのでジャンク品 使わないのでって事で預かってました。 8.6フィートあるので、子供たちのサビキ釣り用に丁度良い長さ トップガイドの下にあるガイドの上を...
穂先が折れたロッドを修理(リペア)する。
手元に届いて、長い間そのままにしていたジャンクロッド そろそろ修理して使おうと思いましたので工房へ行ってきました。 約3センチ程、穂先が折れてます。 折れた箇所にトップガイドを取り付けてもいいけど そうすると...
カリスタ(Calista)86M/TZ NANOのソリッドティップ
仕事から帰ってきて、すぐに『コレ貰って来たから捌いて!』って・・・(ΦωΦ)オイオイ‼ なかなか大変な作業です。 で、その日の夜にお刺身で頂きましたが・・・味がない?うま味がない? 夏のブリはあまり美味しくないのか...

他にも沢山あるので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました