15ツインパワーSW8000のオーバーホール

リール(カスタム)

前回、預かった15ツインパワーSWを全バラしてメインシャフトに傷を発見。

ハンドルが回らない原因が”ドライブギア”か?”メインシャフト”か?っどっちに原因があるのか良くわかりませんでしたので、両パーツをシマノサービスに注文して取り寄せて検証してみます。

15ツインパワーSW8000HGのスペック

2015ツインパワーSW

容赦なく打ち付ける水飛沫と荒波の衝撃、暴力的な魚の引き。過酷なソルトゲームを戦い抜くには、海水の浸入を許さない堅いガードとどんな状況にもへこたれない圧倒的なパワーが必要です。NEWツインパワーSWは、数々の伝説を打ち立てたステラSWの構造を随所に採用し、独自のテクノロジーとの融合を果たした先鋭のアイテム。「力」にこだわり、何よりも強さを優先した堅牢なボディはどこまでもタフ、パワーロスを極限まで排除した巻き上げ力は圧巻の一言。アングラーの本気を100%サポートし、問答無用のパワーとタフネスでソルトゲームを制します。

品番:8000HG

●ギア比: 5.6
●実用ドラグ力(N)/(kg): 137.2/14.0
●最大ドラグ力(N)/(kg): 274.4/28.0
●自重(g): 635
●スプール寸法(径mm/ストロークmm): 61.0/22.0
●ナイロン糸巻量(号-m): 5-275、6-230、8-160
●PE糸巻量(号-m): 3-410、4-300、5-250
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 107
●ハンドル長(mm): 75
●ベアリング数(S A-RB/ローラー): 10/1
●メーカー希望小売価格(本体価格): ¥70,300

オーバーホール

ハンドルが全く回らなくなったツインパワーのパーツが届きましたので、いったい何故ハンドルが回らなくなったのか?

パーツを取り寄せてすぐに原因が判明しました。

ドライブギア

左が新しく注文したギア、右がこのリールに入っていたギア

ほぼ同じ奴が届いた!?と思いましたが・・・

良く見ると(下の写真)ここの厚さが全然違う(^^;)

なんと・・・全く違うギアが入っていたんです。

・・・。

そりゃボディも閉まらないし、ギアがメインシャフトに干渉して動かなギアをくなるはずです(^^;)

いやいやあり得ない・・・

伊万里の店長に聞いても詳細は不明らしいです。

ギアを交換したらバッチリ、ボディも綺麗に収まります。

あとは傷ついたメインシャフト組も交換して

他のパーツも交換

ゴロゴロしているボールベアリングも4個交換

ドライブギア横のシムを調整して無事にオーバーホール完了です。

最後におまけでハンドルノブを余っていたゴメクサスの パワーハンドルノブ に交換

ノーマルより全然こっちのノブがカッコいいですね~

今回のオーバーホールにはちょっと時間を要しました(^^;)

工房は次のクエ竿ガイド交換作業に入りましたが、9月も終わりますのでもう1回今月中に渓流にヤマメ釣り行って、あとは大きめのアジがそろそろ入ってくるのでその調査!他にも秋のアオリイカ?根魚もまだまだ釣りたいかな~


WordPressでブログを始める方法
simpleにブログを始めよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました