購入した軽いリールは21ソアレXRか?それともルビアスか?

リール(カスタム)

鰻姫極(アジングロッド)用に最軽量の小型スピニングリールを探してました。

軽いロッドにはある程度自重があるリールの方がバランスが良い!?

鰻姫極はエンド部がないリールシートのみの超簡略化タイプ。

ロッド自体の自重が軽いので気になるほど先重りしないし、重心がかなりリールよりになっているので軽いリールでもバランスはかなりいい方です。

軽い小型スピニングリール選び

自作した鰻姫極の自重が38g

自作したチタンティップのアジングロッドをパロディ的に紹介
今回完成したチタンティップアジングロッドの概要です。 本体自体のレングスは4.9フィートですが、グリップの位置が竿尻エンドに近い為に実際には5.2フィートクラスのロッドと同等品となります。 ・ワンピースロッド ・レングス1...

このアジング用ロッドに合わせる軽いリールを探して候補としてリストアップしたのは6機種です。

① 20ルビアス(ダイワ)
② 20ヴァンフォード(シマノ)
③ 18イグジスト(ダイワ)
④ 19バンキッシュ(シマノ)
⑤ 21ソアレXR(シマノ)
⑥ 21ルビアスエアリティ(ダイワ)

型は1000番台か?2000番台で、上記機種はすべて150g前後の重さなのでかなり軽量のスピニングリールの部類だと思います。

アブのゼノン1000番を買い物かごに入れて注文するボタンを押す手前まで行きましたがアブはやめときました(^^;)

20ルビアス2000S(ダイワ)

まず候補と上がったのは20ルビアスです。

モノコックボディでフルザイオンで2000番台で150g!!価格は2万5千円くらいでしょうか?

去年メイドインジャパンの2000番台を購入しましたが、ハンドルを回した感じがいまいちだったんで使用せずに売却している20ルビアスです。

ダイワ最軽量20ルビアス買ったファーストインプレです。
15ルビアスから5年後の今年、DAIWAスピニングリールの中堅機種ルビアスがダイワの新コンセプトであるLTモデルとして20ルビアスとして登場!! 令和2年に発売されるリールの中で売上No.1予想のリールです(^^)/ D...

一度売った20ルビアスを、また購入!?って訳にもいかないので20ルビアスは買いまぁーーーーせん。

20ルビアスの軽さは良かったんですけどね~

ちょっと違うかな。

20ヴァンフォード(シマノ)

去年登場したこの20バンフォードは前身の16ストラディックCi4+からのヴァージョンアップしたシマノ社の中堅クラスの小型スピニングリールですね。

クイックレスポンス仕様の軽い巻きと自重の軽さが売りで、価格も2万くらい?20ルビアスよりとっと安い価格帯となってます。

前身の16ストラディックCi4+も一度中古を購入して使用してみましたが、その時感じたのは巻きが軽いな~と感じただけで、色んな意味合いで『軽いな~』と感じながらこの16ストラディックもすぐに売却してます(^^;)

リールをヤフオク!で落札して失敗
ヤフオク!で落札したリールはコレ シマノのリール 16ストラディックci4+c2000s 外観はキレイでしたが ドラグ音は鳴らない ハンドルのガタは大きい! 回転はシャラシャラで とてもクイ...

今回の20ヴァンフォードはさらに自重が軽くなってカッコいいカラーとなってますので、今回購入するのは有りと思い最終候補に残りました。

18イグジスト2000S(ダイワ)

フルメタルボディにローターで自重150gとなっているダイワ小型スピニングのフラッグシップモデルですね。

イグジストの歴史はフルメタルボディの初代05イグジストから始まり、12イグジスト・15イグジストはザイオンボディで登場し、18年にLTコンセプトとして再度フルメタルボディで登場したのがこの18イグジストです。

更にモノコックボディで大型ギア内蔵でマグシールド!!

まぁ小物専門の私にはマグシールドなんかは不要なんですけどね(^^;)

この18イグジストはリストの最上位に上がり、予算を考えずに買うとしたら即買います(笑)
ただ、かなり予算オーバーとなりますので買いたくても買えませんので却下となりました。

残念(ΦωΦ)タカヨー

19バンキッシュC2000(シマノ)

自重の軽さと巻きの軽さではこのリストの中ではNo.1でしょうね~

シマノのフラッグシップモデルNo.1のステラ2000番台が170gですが、この19ヴァンキッシュの2000番は145gとなってて、ステラとは違うコンセプトのクイックレスポンス仕様の頂点にあるのがこのヴァンキッシュとなってます。

実際に19ヴァンキッシュを持ってハンドルを回した感じは『軽い!!!』

20バンフォードの回転とは違う、更に軽くブレない回転でした。

ただ、やっぱりネックとなるのが価格ですね(^^;)

4万円台後半になる為ちょっと悩みますし、あと気になるのはボディがフルメタルではなくハイブリッドボディとなっている事ですかね~

ボディにはSTELLA同様マグネシウム合金を採用。軽量化を実現しながらも高い剛性をキープすることに成功しました。

シマノHP

ボディはステラ同様のマグネシウム合金ですけど、ボディカバーはCi4+(軽量カーボン素材)

せっかくなんでフルメタルボディがいいなぁ~

21ソアレXR

販売が大きく遅れていた21ソアレXRですが、ここ最近ちらほら見かけるようになりましたね!
重さも155gと非常に軽く、他のブログやSNSなどではかなり絶賛されているリールです。

Ci4+(軽量カーボン素材)って名前がXRと変化していく中で、アジングなどのライトゲームに特化したソアレシリーズですが、今まで私ソアレシリーズは購入したことありません(^^;)

○○に特化したリールってのが食わず嫌いな感じで受け付けず、買うならストラディックやヴァンフォードなどを買うかな~

で、実際21ソアレっていったい何が良いの????

と感じるようになってます(^^;)

ダイワはLTコンセプトになり、色んなリールが軽量化されながら大きく変化してますけど・・・・シマノは・・・マイクロモジュールギアがバージョンアップしたり?スプールがちょっと長くなった?飛距離が4%アップ???

来年発売予定?になる22ステラの新たな機能や特徴を待ってから、シマノのリールは買った方が良さそうかな。
ネットで

『21ソアレを買いだ!!!』
『21ソアレはアツイ!!!』
『21ソアレは凄いぞ!!!』

絶賛してるのが不思議と感じてますので21ソアレは予選落ちとなりました(^^;)

21ルビアスエアリティFT2000S

リスト最後のルビアスエアリティです。20ルビアスとの違いはフルメタルボディになって価格がかなり上がりましたね(^^;)

20ルビアスは25,000円くらいで買えるけど、21ルビアスエアリティとなると4万台後半になっちゃいます。

となるとライバル的にはシマノのヴァンキッシュかな???

重さ的にも同じくらい、価格も同じ価格帯ですが、ただ両方の実機を比べると巻きの軽さは圧倒的にヴァンキッシュが軽いんですよね~

21ルビアスエアリティのフルメタル&モノコックボディにはかなり興味がありますが、予算的にはちょっとオーバーかな・・・。

軽いリールはどれを買った?

最終的に購入したリールは・・・・コレです。

ルビアスエアリティ

かなり頑張ってお高いリールを購入してしまいました(^^;)

21ルビアスエアリティの定価は57,400円ですが、釣具店等で25%オフバーゲンとなると43,000円に消費税をプラスして47,355円くらいですかね~

ただ、今回私はこの21ルビアスエアリティを税込みの40,418円で購入(^^♪

購入したのはいつもの『 Amazonアウトレット 』です(笑)

時々掘り出し物ないかなぁ~ってチェックしているんですけど、今回は21ルビアスエアリティ2000Sがあったんで即購入させて頂きました。

たぶん全国最安値で購入できたと思てます(笑)

実際に鰻姫極に取り付けてみましたが、ロッドとリールのカラーがまさに一緒!!!

めちゃくちゃ合う(笑)

今年最後に良い買い物をさせて頂きました~。



WordPressでブログを始める方法
simpleにブログを始めよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました