20ソルティガのベール下がり

リール(カスタム)

預かっている20ソルティガ14000-XHは下の写真の通りベール下がり(ダイワ病?)のリールとなてます。

20ソルティガってめちゃ高いんですね(^^;)

最近のモデルなのにこんなにベールが下がってるの?

って思っちゃいましたが、オーバーホールのついでにこのベール下がりも解消したいと思います。

ソルティガのベール下がり

ベールが下がってくる原因は、ベール可動部の開閉摩耗によるパーツの変形ですかね?

アーム部分をバラしてみます。

ベールやローターは強固なソルティガなら変形や破損はなかなか無いよな~と思ってましたが、ベールを外すと割れているパーツが出てきました。

割れていたパーツは”アームレバープレート”(上の写真の黒いパーツ)

これは金属ではなくプラスチック系?

この20ソルティガのベール下がりの原因はこのNo.47”アームレバープレート”っぽいですね~

とりあえずパーツ取り寄せが出来るのでキャスティングに注文してみました。

反対側のアームにもNo.36”ベールホルダープレート”がありますので一緒に交換したいと思います。

約1週間ほどで注文したパーツが届きましたので早速交換。

左側が古いパーツ、右側が新しく注文したパーツ

グリスを塗って取り付け

このベール部の組立てって苦手です(^^;)

ベール下がりの解消

アーム部の両プレートを交換した結果、ベール下がりは解消しました。

ベール下がりを直す方法

昔のダイワ機種だとローター自体を交換するか?パッキン等を挟んで角度を調整する方法がありましたが、今のダイワはプレート式となっているのでそのプレートの交換だけでベール下がりが治るようです。

カルディアのベール下がり(ダイワ病)を修理してみる
先月、中古ジャンク品を購入 このダイワ病であるベール下がりの原因と応急処置をやってみました。 ベール下がりの原因は? 長年、リールを使用していくとベールが下がってきます(^^;) 特にこのカルディアKIXは酷い ...


WordPressでブログを始める方法
simpleにブログを始めよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました