23ストラディックを購入(渓流・管釣り・アジング)

リール(カスタム)
記事内に広告が含まれています。

昨年まで19ストラディックにエステルラインを巻いてアジングに使用してきました。

巻きも滑らかで軽い巻きで気に入ってましたが、唯一気に入らないのがドラグ音が鳴らない時があった事です。

原因は”ラチェットバネ”と”ドラグ音出しラチェット”のパーツがうまく噛み合わない事だと推測してます。

スプールウケにあるカラーをボールベアリングに変更したことによって、なにかしら不具合が発生したんだと思いますが、純正のカラーを捨ててしまったので元に戻せずにそのままドラグ音が鳴ったり鳴らなかったりで使用してました。

そんな19ストラの代替え用として購入したのが23ストラとなります。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 ストラディック C2000SHG
シマノ(SHIMANO)
¥18,908(2024/03/03 21:47時点)
ギア比:6 / 実用ドラグ力(kg):2 / 最大ドラグ力(kg):3

23ストラディックC2000HGS

今回、新たに23ストラディックの同じ番手をAmazonで格安に購入したので、19ストラディックは売却して、今年から23ストラディックを使用となります。

ダイワのライトゲーム用の機種に比べると自重はクソ重いですが、巻きの感じが気に入ってます。

巻きの感じってのはシマノのコアソリッドシリーズで表すように、巻き初めは重く感じるけど巻き始めると慣性でヌルっと回り続ける感じです。

非常に滑らかなハンドルの回転に満足できる個体でした。

コアソリッドシリーズ

ホントはコアソリッドシリーズでも最上位になるフラッグシップモデルのステラが欲しいけど、とてもじゃないけど高くて手が出せないので無理。

そのステラの下にあるモデルがツインパワーですので、ツインパが第一候補となりましたが、ツインパでもちょっと高い(^^;)

ツインパとストラディックとの価格差は・・・約2倍。

ツインパの半額がストラディックあたりかな~

結果、アジングで使用するリールは15,000円で購入できた23ストラディックで十分!!と自分に言い聞かせて23ストラディックに決まりました。

22ステラC2000は70,000円

20ツインパワーC2000は30,000円

23ストラディックC2000は15,000円から20,000円

ちなみに23ストラディックはAmazonのアウトレットで今回も格安で購入です。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 ストラディック C2000SHG
¥15,826

23ストラディックに巻くラインは?

海でのライトゲームや渓流・管釣りで使用するので、19ストラディックに巻くラインはどれにするか悩みました。

所有している2000番台のPEは2台、ナイロンを巻いている1000番台が1台。

19ストラディック同様にエステルラインを巻こうかと考えましたが、かなり悩んだ末にナイロンを使用する事にしました。で、1000番台のカルディアにエステルを巻くようにします。

私的にここ最近のスピニングリールの使用するラインは、渓流でも管釣りでもナイロンがメインとなってます。

その次に多く使用するのはPEかな~

海で使用するラインはPEがメインとなるけそ、風が吹いている時はPEだと風に流されてPEは不向きになるので、そんな時はエステルラインを使用したりします。

ただ・・・風が強いときはあまり釣りには行きませんがね(^^;)

なので、23ストラディックにエステルを巻くと使用する頻度が落ちると思いますので、まぁまぁ使うナイロンラインを巻いて、渓流や管釣りに使いたいと思います。

エステルラインを使用する時は21カルディアを使用すると決めました。

23ストラディックの巻き感は

私個人的には滑ッとした巻き感はすごく気に入ってます。

23ストラディックにナイロンライン、21カルディアにはエステルラインを巻いてターゲットや場所、そして風などの気候によって使い分け!どっちもいい個体だったのか、ゆっくり巻いてもノイズは感じないのでとてもお気に入りとなってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました