タイラバロッドの穂先修理

ロッド(ビルディング)
記事内に広告が含まれています。

近隣のパパ友より穂先折れの相談がありました。

船上でのキャスティング中にルアーがぶつかって穂先が折れてしまったとの事。

SHIMANOのタイラバロッドシリーズ『炎月』です。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 炎月SS フルソリッド B60ML-FS/LEFT 並継 ソルト 鯛ラバ
シマノ(SHIMANO)
¥24,794(2024/04/25 19:20時点)
全長:6フィート (1.83m) / 継数(本):2 / 仕舞寸法(cm):136.9

トップガイドを取り付ける方法

今回のタイラバロッドの修理は、短くなるけど折れた箇所を取り除いて第1ティップガイドの場所にトップガイドを取り付ける方法です。

100g前後のシンカーをソリッドティップで操作するにはあまり色々としない方がいいと感じてます。

数センチ短くなりますけど、釣果には影響も無いし操作も問題ないと思います。

まずはこんな感じで穂先が折れてます。

そして修理後はこんな感じに仕上がりました。

若干短くなりましたが、見た感じでは折れたジャンクロッドとは気づかないと思います。

(おわり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました