ロリポップ内サーバーでデーターベースのお引越し

スポンサーリンク

ロリポップのデーターベースお引越しについて

1個のデーターベース(MySQL5)で2個のブログ(ワードプレス)を

運営している状態でしたので、1個のブログを新しく作るデーターベースに

引越しを行う作業を行いました(^^;)

元々はロリポップのライトプランを契約して

このサイトとは別のサイトを運営してました。

(別のブログをブログAとします。)

その別のサイト運営が落ち着いた頃に、このブログ(ブログB)を立ち上げて

古いブログからこの『sevenmountains工房』に変更してます。

無料ブログから自分でドメインとサーバーをレンタルして ブログを公開していく方法を残しておきます。 ワードプレスでブロ...

このブログB(sevenmountains工房)をワードプレスで作成する際に

当時はまだシステムに関して無知だったために

最初に作っていたデーターベース内にワードプレスをダウンロードし

1個のデーターベース内にブログAとブログBが入っている状態でした。

絵で描くとこんな感じでした(^^;)

ライトプランからスタンダードプランに変更

今回、ロリポップのプランもライトプランから

スタンダードプランに変更

データーベースが30個作れるようになりましたので

ロリポップのレンタルサーバー


ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!


ワードプレスがスムーズに動くように

データーベースを増やして、1個のブログを移行しよう!

って思って作業したのが、今回の記事になります。

1データベースに1ブログ(ワードプレス)
コレが基本です。

データーベースの引越しは4つの作業が!?

データベースの引越し

この作業は素人にはすごく難しそうで

かなりハードルが高いと思ってました。

実際にロリポップのサービスに電話で相談しても

このデータベースの引越しはサービス外って事で

詳しく教えてもらう得ず(^^;)

大まかな流れだけ教えて下さいました。

手順1 データベースからブログBのデータをエクスポート

手順2 新しくデータベースを作る

手順3 新しく作ったデータベースにブログBのデータをインポート

手順4 ブログBの『wp-config.php』内にある4つの記述をFTPを使って書き直す

コレでデータベースの引越しが出来るそうです。

ある程度知識がある方達にはすごく簡単な作業でしょうが

私には

『ブログが消えるのでは?』

『動くかななったらどうする?』

など、すごく不安な事ばかり(笑)

ですが、このままの状態が続くのも嫌なんで

思い切って作業を進めていきました。

手順1 データベースからブログBのデータをエクスポート

まずはデータをエクスポートする作業

いわば、データをサーバーから手元のPCにダウンロードする作業です。

ロリポップのユーザー専用ページのデータベースをクリック

phpMyAdminを起動させて、データベース内へ進みます。

・ユーザー名:記入(ロリポップのデータベースに書いてある!)

・パスワード:記入(ロリポップのデータベースに書いてある!)

・サーバーを選択して(ロリポップのデータベースに書いてある!)

・実行ボタンをクリック

phpMyAdminに進み、データベース名をクリック①してエクスポートをクリック②

次に

『詳細 – 可能なオプションをすべて表示』にチェック③を入れて

下のテーブル内にあるwp2(ブログB)をすべて選択します。

(CTRLボタンやSHIFTボタンを利用しながら)

他にもチェックボタンなどありますが

すべてそのままにして一番下にある実行ボタンをクリック

これで、データのダウンロードが完了します。

手順2 新しくデータベースを作る

この作業はロリポップのユーザー専用ページ内で

簡単に作ることができます。

ただ、データベースを複数作るには

ライトプランでは出来ません。

(スタンダードプランだと30個まで作れます。)

ロリポップのユーザー専用ページでデータベースをクリック

データベースを作成①するをクリックします。

作成ボタン①を押すと、作成ページに切り替わります。

データベース名②を入力し、パスワード③を決めます。

最後に下の作成ボタンを押せば・・・

データベースがすぐに完成!

1分ほどで簡単にデータベースが作れました。

手順3 新しく作ったデータベースにデータをインポート

次は新しく作ったデータベースに

手順1でダウンロードしたデータをアップロードする作業です。

新たに作ったデータベースに手順1同様『phpMyAdmin』を起動させます。

起動させてまずはインポートボタンをクリック

クリックするとアップロドするページに切り替わります。

次にやるのはファイルを選択するをクリック

手順1でデータベースからをダウンロードしたファイルを選択

あとは何もチェックせずにそのまま下へスクロールし

実行ボタンを押せば完了です。

コレで、新たなデータベースにブログBのデータを移す事が出来ました。

私のイメージ的にはこんな感じです(^^;)

コレでデータベースを増やして

それぞれにワードプレスを使ったブログを分けることが出来ました。

が、最後に設定が必要になります。

手順4 ブログBの『wp-config.php』内にある4つの記述をFTPを使って書き直す

なんか・・・コレも面倒だな?

と思いましたが、コレもすんなりと変更が出来ました(^^;)

まずはロリポップのユーザー専用ページで

『ロリポップFTP』を起動させます。

起動させて、まずやるのが『 wp-config.php 』のデータを探す事

コレです↓

この『 wp-config.php 』をクリック

次は書き込みが出来るように

『400』の数字を『600』に変更して

一番下の保存を1回クリックして保存する

コレで内容の書き込みを変更する事が出来ます。

次にやる事が

この4項目を変更することです。

ここはロリポップのユーザー専用ページのデータベースを見ながら

コピペですぐに完了する作業です。

① データベース名

古いデータベース名から新しく作ったデータベース名へ変更する

② ユーザー名

ユーザー名は以前と変わらないと思いますが、一応確認しながら書き換えてください。

③ パスワード

新しく作ったデータベースのパスワードを書き込み

④ ホスト名

これもロリポップのユーザー専用ページのデータベースに書いてあります。

この4項目を書き換えたら

一度、一番下の保存ボタンを押して保存

最後に

600から400に戻して保存

コレですべての作業が終わりました。

最後に

この作業1から作業4まで終わらせたら

一度、ブログ(サイト)が作業前同様見れるかどうか確認してください。

私が確認したら、以前より表示スピードが上がったように感じられました(^^)/

コレでサイトBは新しく作ったデータベース内のシステムで動くようになり

少しですが、サーバーの整理が出来たように思います。

まだ以前のデータベースにはブログBのデータは残したままですが

時機が来れば削除したいと思います。

作業を行う前は、非常に難しく大変な作業と思いましたが

実際には10分程度の作業で終わったことにビックリです(笑)

この作業はデータベースの引越し同様の作業みたいですので

今後、ロリポップからエックスサーバーなどの他のサーバーに引越しを行う際にも

非常に役に立つ作業だったと思います。