印籠継ぎにする為のフェルールを自作する

ロッド(ビルディング)

アジングロッド6.6フィートのジャンク品をパーツ取り用として仕入れました。

グリップ周辺やチタンガイドなどは再利用できるし、ソリッドティップも他のロッドへ取り付けができそうなんで、まぁまぁ良いパーツが再利用できます。

印籠継ぎ用のフェルール(カーボンパイプ)

届いたジャンクロッドを色々と触っているうちに

『このロッドは加工すればリペアできるかも!?』

『逆並み継ぎの変則2ピース』から『印籠継ぎの2ピース』へ仕様変更!?

って事で、ちょっと色々と遊んでみる事にしました。

ただ、フェルールに使うカーボンパイプをどうするか?

そのあたりにある端材を使ってもいいけど、#1と#2の内径や外径に合うように研磨していくと肉厚が足りず、強度不足になりそうな予感。

なので、今回フェルール用に1mのカーボンパイプをネットで注文しました(^^;)

注文したのは外径5.0mm、内径3.0mmのカーボンパイプ

使うのは15cmくらいなんですが1m買いますよー

購入したのは”KK HOBBY”ってお店です。

※現在は”在庫切れ”

なので、こちらで探すと内径外径が合うカーボンパイプが見つかるかも

実際に届いたカーボンパイプ(KK HOBBY)

※肉厚2.0mmとなるので自重が気になります。

1mも必要ない(^^;)ので、適当な長さでカット!!

まずは#2に入るように研磨します。

#2の内径は4.6mm程ですので、入れる箇所分(約4cmから5cm)削りますよ~

左側が#2へ差し込む方。右側は#1へ差し込む方。

削り終わったら、#2に差し込んでエポキシ接着剤で固定します。

接着完了!

ココでシッカリとエポキシ接着剤を注入しないと、後々音鳴りの原因になる箇所です!!

※キャストした時に『カチッカチッ』っと小さい音がなる事があります。

しっかりと固着してください!!

次は#1の方

外径が5mmですので、5mmに合う位置で#1をカットしてます。

補強の為のリングは後で!

手前の内径は5.0mmでも先に行けば4.9mm、4.8mmと小さくなってます。

このテーパーに合わせてカーボンパイプ(フェルール)少しづつ加工!

何度も調整しながら研磨を続け

イザ合体!!!

このくらい遊びスペースを確保して、あとは口割れ防止のためのリングとガイドバランスがズレてますので、ガイドの再セッティング!

それと、ジグ単スペシャル仕様になるので、ブランクタッチできるようにデカいフードキャップからコンパクトなフードキャップへ交換します。

交換するためにバッドガイドを1度取り外して、再度スレッド巻き巻き~

最後にすべてのコーティングが終われば完成(^^)/

どんなロッドになるか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました